重度のSNS依存だった私が気付いたSNSから離れるメリット・デメリット

私はこの記事を書いている時点(2017年10月30日)で、約8ヶ月間SNSから離れています。

私は以前、重度のいわゆるSNS中毒でした。

暇さえあればSNSのタイムラインを見漁って、

他人の動向や、流行などをチェックしていました。

 

何かあれば写真を撮って、SNSに投稿し、近況報告。

イイネやお気に入りがたくさん来ては、ドヤ。みたいな。笑

 

SNSって、自分が発信した写真や文章に、

観てくれた方の反応が、数としてハッキリ現れるから、

自己顕示欲がすごく満たされるんですよね!

なにもそれが悪いことだと言いたいわけではないんです!

 

でも、

それがかつての私みたいに、行き過ぎた状態になってしまうと、

自分の文章や写真を発信するためだけではなく、

なんとか本来の自分よりも、

・良く見せよう

・良く思われたい

みたいに、外の反応に過度に依存した状態になっていたことに、

引きこもってみて初めて気付いたんです・・・。

 

だから私は、

「どうせ引きこもるんだし、一旦SNS全部消してみて楽になろう。」

と思って、しばらくSNSから離れて生活してみることにしました。

 

それに、私は気を抜くとすぐ他人に嫉妬しちゃうんですよね。笑

今の自分はネガティブで汚肌で引きこもりだから、

他人の投稿などに嫉妬しちゃうのが目に見えてました!

だから思い切って消しました!

 

なので、

その中であくまでも私個人が感じた、

「SNSから離れるメリット・デメリット」をご紹介いたします!!

SNSと距離を置くことによるメリット

①とにかく楽。

他人や自分の投稿で、良くも悪くもいちいち反応する時間がなくなるので、

とにかく精神的にも、時間的にも余裕ができます。

 

②一時的な流行に流されることがなくなる。

SNS内に蔓延る「流行りに乗らなければダサい感」、

やめてみると、そういった流行りは1ヶ月も経てばどうでもよくなります。

 

③他人ではなく、自分自身と向き合う時間が増える。

ネットで受信する情報が、自分が本当に興味があることだけになるので、

他人のことではなく、自分に向き合える時間が本当に増えます。

 

④上辺だけの繋がりを、一度キレイにリセットできる。

中途半端な付き合いだった人とかを、一切気にしなくて良くなるので、

相手にとっても自分にとっても良い区切りになります。

反対に、信頼している友人などとは、

SNSを辞めたくらいで、繋がりが切れることはないのだと、改めてわかります。笑

SNSと距離を置くことによるデメリット

①世間の流行りに疎くなる。

テレビやニュース、動画サイトなども観ない人ともなると、

世間で今なにが流行しているのかなど、全くわからなくなるので、

流行りに敏感な人とは会話が噛み合わなくなるかも・・。

 

②「生きてっか~?」とかいう連絡がよく来る。

心配して生存確認連絡をくれる人に、その都度いちいち状況説明しなければなのが、ちょっぴり面倒。

でも、ぶっちゃけ嬉しい。笑 (メリットじゃねーかよ)

 

③人との出会いの幅が狭まる。

新しい繋がりが生まれる可能性を自ら潰してしまうことになる。

SNS上で出会える人間関係がなくなる。

 

 

ざっと思いついたのはこんなところでした!

以上が、「SNSと距離を置くことによるメリット・デメリット」でした!!

最後に、、SNSに依存しないことが何よりも重要

「SNSをやっていないと、落ち着かない。」

という人は、依存度が高いかもしれません。

私はまさにそんな状態でした。笑

 

大事なのは、

「やってもやらなくてもどっちでも良い。けど、便利だから必要に応じて使う。」

というくらいに、自立できた姿勢だと思います。

 

他にも、マンネリ化した日常を変えてみたい方は、

この際、思い切って一旦SNSから離れて生活してみるのも、

新たな気付きや発見につながるかもしれません。

 

どちらが良くて、どちらが悪い、なんてことを言うつもりはありません!

私もまたいつか、気が向いたら新しく始めてみようかな?なんて思ってますしね!

 

とにかく、

あなたが感じるままに行動してみると、

「今いる世界の見え方が、大きく変わるキッカケ」になるかもしれません・・。

 

あなた自身はこの記事を読んで、どう感じましたでしょうか??

ぜひ、ご気軽にお問い合わせからメールでご感想をお聞かせ下さい。

 

お読み頂きまして本当にありがとうございました! 進太郎でした!!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る