心地良いと思うことをやるのが、ありのままの自分で進むということ。

 

自分が

心地いいことをやる、

心地いい場所にいる、

心地いい人といる、

それが自分らしい人生を歩むための第一歩なのかな、と

私は思っています。

 

私は、正直まだ自分が引きこもっていることに対して、

劣等感だったり、孤独感も感じています。

 

でも、それよりも、自分が本当に心地良い人生を歩むために、

何よりも優先すべきだと直感的に感じたのが、

自分の悩みである、

・「肌」を健康にすること

・部活でケガをしたまま無理をし続けて歪んでしまった身体を癒やすこと

でした。

 

どこにいても、なにをしていても、

どんなに心地良い場所や人と一緒にいても、

モヤモヤする感覚。痛み。

 

肌のことを自分が気にしなければ、

自分さえ気にしなきゃ良いんだと思おうとしたことも何度もありました。

 

でも、やっぱり自分の正直な気持ちは、

 

肌も身体も健康な状態で、思いっきり心地良い場所に行きたい!

何も気にせず、思うがままに自然を楽しみたい!

夏は海にも入りたい!

川にも潜りたい!

冬は肌を気にすることなく、スノボーだって思いっきりしたい!

人の目をしっかり見て、会話を楽しみたい!

好きな人と寄り添いながらゲームがしたい!旅行がしたい!山で遊びたい!

自由になりたい!

身体の痛みから開放されたい!

肌に自信を持ちたい!

自分のことを大好きになりたい!!

 

こんな思いばかりでした。

 

こんなこと、、普通の人だったら当たり前にできているんですよね。

なんの壁もためらいもなく、できてるはずです。

だからこそ辛いんです。

 

でも、ちっちゃいときはみんなできていたんです。

 

しかしいつのまにか気がついたら、

自分が汚肌になってて、

わけも分からず本気で悩んでて、

ずっと苦しくて、

なのに自分じゃもうどうしようもできなくて、

でも、それでも明日も生きなければいけない。

身体の歪みは限界をとうに越えてるけど、

試合で活躍して勝つために、明日も練習しなきゃいけない。

 

 

そしたら、いつのまにか明日が楽しみじゃなくなってて。

もういっそ、明日なんか来ないほうが楽なんじゃないか、って。

 

きっと世の中には私と同じような気持ちの人や、

それ以上に苦しんでいる人がたくさんいるはず。

 

人の気持ちは、その人にしかわからないですよね。

同じ境遇や体験をしてみて初めて、同じ気持ちに近づくことができる。

 

それは喜怒哀楽それぞれあって、

人生はきっとそれらの繰り返しで、

全部ひっくるめて全てが「学び」なんだな、と思います。

 

 

そもそも、「汚肌だから毎日が楽しめない」ってのは、

やっぱり私もまだ外側の世界に依存してしまっているのかなー、とは思います。

 

しかし、それでも、自分の肌が確実に本来の健康な状態ではない、

というところに、

モヤモヤが生まれているんですよね。

 

違う人から見たらそれはただの「甘え」なのかもしれませんが、

でも、私は私、人は人、そんなの関係ないんだ、と。

自分らしく生きるために、自分が決めた道の一歩なんだ、と。

 

だから、、モヤモヤする感情も、大事な大事な心のサインなので、

しっかり認めて、許して、向き合っていくこと。

 

それが、

世間体や他人軸ではなく、

本当に自分らしく、「ありのままの自分で進む人生」の始まりなんだ!

 

と、思ってます。

 

改めて、そう自分に言い聞かせた記事でした・・・。

 

お読み頂いてありがとうございました。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る