WordPressプラグイン読者用サイトマップ「Ps Auto Sitemap」の設定方法!

こんにちは、進太郎です。

今回は「サイトマップ」についての記事です。

「サイトマップ」とは「サイトの記事一覧」です。

読者さんがこのサイトにどんな記事があるのかを見れるページです。

 

「Google XML Sitemaps」はGoogle(機械)用で、「Ps Auto Sitemap」は読者(人間)用のプラグインとなります。

この記事では、読者用の「Ps Auto Sitemap」の設定方法を説明します!

WordPressプラグイン「Google XML Sitemaps」インストール&設定方法!

①ページの作成。

まず、「固定ページ」にサイトマップ用のページを作ります。

「固定ページ」から新規追加を選びます。

タイトルに「サイトマップ」と表記します。

「パーマリンク」は日本語より英語表記の方がGoogle的に良いらしいので、英語(sitemap)に変えてください。

下記の英語を「ビジュアル」ではなく「テキスト」の記事本文に貼りつけてください。

記事を公開したら、下記のようにURLが表示されますので「ページ番号」を控えておいてください。

 

次に、プラグインを導入します。

「プラグイン」から「新規追加」を選び、

「検索」に「Ps Auto Sitemap」と入力します。

 

出てきたら「Ps Auto Sitemap」を選択し、「今すぐインストール」を押します。

「有効化」を押したら、

 

「設定」から「Ps Auto Sitemap」を選びます。

さっき控えた「ページ番号」を、「サイトマップを表示する記事」の項目へ入力し、「変更を保存」を押します。

②メニューに表示。

次はメニューに表示する設定方法です。

「外観」から「メニュー」を選択します。

「メニューを編集」という画面の、

「固定ページ」の「サイトマップ」の□にチェックを入れ「メニューに追加」を押します。

「メニュー構造」に下のように表示されます。
ドラッグして位置を決めたら「メニューを保存」を押します。

すると、下のように表示されます。

サイトマップが下のように表示されればOKです!

 

サイトマップ作成は読者さんの見やすさのためにも、Googleの巡回的にも効果的です。

ぜひぜひサイトマップを活用してみてください!

 

お読み頂いてありがとうございました。

 

関連記事
WordPressプラグイン「Google XML Sitemaps」インストール&設定方法!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る