人と会いたくないなら会わなくていい!うつ病の対処法はブログだった?

人間関係に悩む日々。

無理して愛想笑いして、好きでもない人と、むしろ嫌いな人と、朝から晩まで一緒に過ごさなきゃならない。

 

常に人の悪口や粗探し。

向上心も無く、ただただ文句を吐き捨てて場の雰囲気を壊す人たち。

 

そんな人たちに囲まれている内に、そんな人と一緒に過ごす内に、いつしか自分自身も同じような醜い性格になっていることに気がつく。

本当はこんな環境にいたくないのに、今すぐに飛び出して自由になりたいのに、どうしても抜け出せない毎日に鬱々としてきたり。

 

でも、今はハッキリわかることがあるんです。

 

居たくない場所には居なくていい。

人間関係に悩んで自分がわからなくなってしまうなら、自分が居たい場所にだけいればいい。

 

人と会いたくないなら、無理して会わなくていいんです。

 

でも、現実的にはそんなことができないから悩んでいる。

それなら、一日一歩ずつでもいいから、「会わなくても済む」ような環境を目指して、何か行動を積み重ねればいいんです。

 

居たい場所にいれるために、今できることから始めればいい。

ブログで自分自身と向き合い続けると、うつ病の対処法にもなる。

私は、ブログは最高の「セルフカウンセリングツール」だと想っています。

 

自分が書きたいことを書ける。

自分が想っていることをさらけ出せる。

自分の心の奥に潜んでいる黒い感情を、ありったけ吐き出せる場所にもなる。

 

ブログでは、とにかく自由なんです。

そして、ブログで自分の気持を実際に文字に起こしてみると、自分の感情を客観的に見直すことができます。

 

それに、ブログで記事を書き続けるなによりのメリットは、自分の考えや思考や歩みを、ビフォーアフターで見れることです。

 

その時その時の、自分のほんとうの気持ちを積み重ねてこそ、後から見返したときに、こんな自分もいたなとか、こういう気持ちもあったからこそ進めたんだなとか、振り返ることもできます。

 

そして、それをいつか唯一無二の「自分資産」として活かすことも可能になるんです。

うつ病になって本気で苦しんだからこそ、その経験は後に誰かの役に立つかもしれません。

 

死にたいと想うほど悩んだ経験は、死にたいと想っている人にしか届かない、強い光に変わるかもしれません。

それによって誰かを救えるかもしれないんです。

救えなくとも、手助けのきっかけになれるかもしれないんです。

 

私は、こんな素敵なことはないと想います。

ブログでは、そんな無限の可能性があるんです・・・!

自分をゆっくり癒すことができたら、次は誰かに幸せをおすそ分けできる。

ブログで自分自身と向き合い、自分のほんとうの心を癒やすことができたら、次はその経験によって誰かを幸せにできるかもしれません。

苦しみながら進んだ日々が、誰かを照らせる光に変わるかもしれません。

 

不安だったからこそ、自信がなかったからこそ、怖かったからこそ、誰かの心に響く「想い」がある。

そうやって、一歩ずつでいいから進むことができたら、いつのまにか「会いたくない人と会わなくていい環境」を手に入れるかもしれません。

「会いたい人にだけ会える毎日」に変わるかもしれません。

 

なのでまずは、

やりたくないことから離れる努力。

居たくない場所から離れる努力。

 

そういった努力から始めていければいいかなと想います。

 

周りの人を助けたかったら、まずは自分自身を癒やしてあげることが始まりなんじゃないかなと、私は想います。

 

不安でもいいし、怖くてもいいし、自信なくてもいいし、人と関わるのが苦手でもいい。

ブログでは、そういう「弱さ」に見える部分こそ、かけがえない魅力に変貌するはずです!

 

「弱さ」に正面から向き合える勇気こそが、いつか自分にとっての「本当の強さ」になっていくんだと想います。

それは他人の目線や評価に依存した、表面的な薄っぺらい「強さ」なんかじゃなく、自分の内側に向き合った人だけが見つけられる「本当の強さ」です。

 

どんな自分の一面も、自分なんですよね。

強いとか弱いとか、良いとか悪いとかの基準なんかも、それは人それぞれで、人によって千差万別ですよね。

 

だから、あなたが今悩んでいることもどうか蓋をして見て見ぬふりせずに、ゆっくりでいいから向き合ってあげて下さい。

その過程として「インターネット・ブログ」を活用できたら、それは資産にも繋がるかもしれません。

 

自分自身の「ありのまマインド」を大事に、一日一歩でいいので、無理せず焦らずゆっくり進んで行きましょう。

お読み頂いてありがとうございました。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る