【仕事日記】嫉妬心をぶつけてくる人とは闘わない。距離を取るのが最善?

どうも、進太郎です。

仕事の人間関係で、どうしてもネガティブなエネルギーをぶつけてくる人がいたのですが、

その方と距離を置く道に進めることになりました。

 

自分なりにすっごく悩んでいて、

夢にも出てくるほどプレッシャーとなっていた出来事なのですが、自分で行動し、嫌なものは嫌と会社に伝えることで、上手く事が運ぶ形となってくれました。

 

どうしてもその人と仕事を続けなくてはいけないのなら、辞めて違う会社で同じ業種に転職しようとしていたくらいです。笑

 

でも、相談するということを、真摯に行っていたからこそ、信頼できる社長さんのおかげで色々上手く対応してくれることとなりました。

 

自分的には今、超絶嬉しいです。笑

別にその方を悪として排除したかったわけではなく、明らかに職場全体にネガティブな影響を及ぼしていたからこそ、見て見ぬふりできなかったんです。

1批判を受ければ、10で陰口を繰り返すような陰湿な人でしたので、他の方もその人の機嫌取りのような対応をせざるを得なかったり、嫌々愛想笑いして付き合わなくてはいけない、みたいなドロドロした職場状態でした。

 

直接はニコニコ話しているくせに、影ではその人の悪口を平気で言っていたり、、

そんなことを自分は聞きたくもないのに、嫌でも聞かなければいけない状況が続いていました。

 

なので、そんな環境は自分のエネルギーも嫌でも引っ張られてしまいますので、対策を打ちました。

それはきっと、その方のためにもなる道だと思います。

 

「相談してくれてありがとう」と言ってくれる、そんな優しい理解ある社長さんがトップの会社です。

小さい会社ですが、話や価値観もものすごく合う社長さんなので、

できればこの会社を離れたくはないと思っていました。

 

それが結局最善の道に進めることになり、すごくホッとしています。

 

そんな日曜日の昼間の記事でした。

お読みいただきまして、ありがとうございました。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る