友達の誘いを断る選択。人に会いたくない時は会わなくていい

小学生時代の旧友から連絡があり、飲みに誘われていました。

でも、直前で断ってしまいました。

 

なんか、色々めんどくさくなってしまったんです。

 

うつ状態から引きこもり、そこからやっと最近バイトをしながら外に出る生活になりました。

そんな中、偶然バイト先の帰り道で旧友に再会し、連絡先を交換して飲みに行く約束をしました。

 

でも、やっぱり行きたくありませんでした。

いや、本当は行きたいんですけど、やっぱりモヤモヤする気持ちもあって、

だからめんどくさくなって断ってしまいました。

 

旧友たちは心配してくれましたけど、だからこそ行きたくなくなります。

 

今の自分の闇の深さは、波があって、良いときは良いけど、急に全てがめんどくさくなってしまうんです。

誰とも会いたくなくなるんです。

1人になりたくなるんです。

 

本当は寂しいし、みんなと笑って過ごしたいけど、

でも、やっぱり色んな闇が邪魔して、途端にめんどくさくなります。

 

説明するのもめんどいし、

心配させてしまうのもめんどいし、

明るくしなきゃいけない雰囲気もめんどいし、

無理してまで行くのもめんどい。

 

だから、今回は行かないという選択をしました。

 

「飲み会」という、普通の人にとってはなんのハードルもないことでも、

今の自分にとってはすごく疲れる場所なんです。

 

だから、自分の気持に正直になって、

他人の評価とか世間体とかそういうのを取っ払って、それでも自分が行く気になれないなら、正直に断るのが一番でした。

 

自分の闇の深さを知らない人に、その雰囲気を押し付けたくないし、

楽しい雰囲気をぶち壊したくないんです。

 

最近、なにをしてても、どんなに美味しい料理を食べても、どんな場所に行っても、

なんか心の奥が笑ってないです。

 

寂しいです。

自分の気持ちや、闇や、色んな価値観をわかってくれる人なんていないんだろうな、って思うと、途端にすごく寂しくなって、同世代にはもう自分とほんとうの意味で話が合う人なんてごくわずかなんだろうなって思ってしまいます。。

 

他の大多数のいわゆる「若者」の価値観に合わせないと上手くやれないのも、すげーめんどくさいです。

 

愛想笑いしてる自分が嫌いになります。

つまんねーのに面白いふりすんのが嘘くさくて、嫌になります。

 

でも、やっぱりバランスも大事で、バイトや仕事していく上では割り切った人間関係も続けていき、その上で学べることもたくさんあります。

 

結局なにが言いたいのかまとまりませんが、

とにかく、無理して焦るのは辞めにしよう想います。

 

心配してくれる人に悪いから会う、とか

会わなきゃ嫌われるから会う、とか

そういうのがめんどいなら、会わない選択もありだと想いたいんです。

 

会いたいと心から思えた時に勇気をだして会えばいい。

 

行動するのはいつだって、不安よりもワクワクが勝る時だけでいい。

 

お読みいただいて、ありがとうございました。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る