わからないときは、無理してわからなくていい。

今できることってなんだ?

俺は何に焦っている?

俺は今何をするべきなんだ?

 

わからない。

ひたすらわからない。

 

YouTubeのコメ欄で他人に偉そうな言葉垂れてるだけで、当の自分はなにも行動していない。

 

大きな変革を期待して、他人が解決してくれることに依存して、自分はただ傍観して待っているだけでいいのだろうか?

 

自分がやりたいことってなんだったんだ?

なんでこのブログを始めた?

なんでブログをここまで続けてこれた?

 

なにが自分を突き動かしていたんだ?

 

両親との関係に悩む日々。

現実を直視したくなくて、ただ傷つくのが怖くて、逃げて逃げてずっと見て見ぬふりして、俺は結局なにをしたいのか。

 

自分でも本当にわからなくなって、最近はただただダラダラ寝ていただけ。

 

今でもわからない。

怒りや憎しみに支配されそうになって、だからこそ孤独になるしかなくて、誰にも相談できなくて、したくなくて、どうしても何も手に付かない日が続いた。

 

ただただ大きな変革に期待して時間を過ごすだけ。

 

これを書き殴っている今も、どうすればいいのかなんて全然わからないし、なにも考えたくなくなる。

 

できない理由ばかりに目を付けてしまって、結局なにもやる気が起きなくなって、全部がどうでもよくなる。

 

でも、どうにか進みたいから、また断食してる自分がいる。

 

3日間の断食が終わり、今日から3日間の回復期だ。

 

朝飯で固形物を食えた時、感謝が溢れた。

 

当たり前に食えていた食事へのありがたみが身にしみた。

 

きっと大事なものはあたりまえな日常にあふれているんだと想う。

 

それだけはわかった。

少しずつでいいから、ありのままの「今」の自分の正直な姿で、一歩ずつ進んでいきたい。

 

どうしてもわからないときは、わからなくていいんだ。

考えたくない時は、もう考えなくていいんだ。

 

ありのままの自分で「動こう!」って想えるまで、とりあえず自分自身の本当の気持ちに身を任せていようと想う。

 

お読み頂いてありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る