【内観ワーク#6】「自分への謝罪と感謝」基本はありがとうとごめんね

~自分編5~ 「自分への謝罪と感謝」

「内観ワーク」第六弾目になります!

前回のワークはこちらから↓
【内観ワーク#5】~自分編4~ できる理由。

 

 

今回の内観ワークは、「自分への謝罪と感謝」です。

これ、めちゃくちゃ重要なワークです・・・!

これをやっていくことによって、意識的に自分の心の声に耳を傾けることができます。

 

では、さっそく私の「自分への謝罪と感謝」を例に見ていきましょう・・・!

見にくいので、文字に起こしてみます。↓

「自分への謝罪」

自分への「ごめん」(2017年7月時点)

・肌が弱っていくのを見て見ぬふりし続けてしまってごめん。

・自分のことを責めてしまってごめん。

・負担がかかっていたのに無理をしてケガをさせてしまってごめん。

・調子に乗って他人を傷つけさせてしまってごめん。

・嫌なことを嫌と素直に言えなくてごめん。

・ケガしたまま無理をし続けて身体を歪ませてしまってごめん。

「自分への感謝」

自分への「ありがとう」

・なんでもできる運動神経をくれてありがとう。

・ケガしてても諦めないでいてくれてありがとう。

・ケガとして身体のダメージを知らせてくれてありがとう。

・肌はもう限界だと気付かせてくれてありがとう。

・人の気持ちが理解できるようになってくれてありがとう。

・色々な恋愛を経験させてくれてありがとう。

・・・以上が、私の「自分への謝罪と感謝」でした。

「ごめんね」と「ありがとう」は人間の基本。

自分への謝罪と感謝を明確に文字に起こしてみることによって、

自分の心の声をじっくりと見つめることができます。

 

あなたの「ごめんね」と「ありがとう」はどんなものだったでしょうか・・・??

 

きっと、今まで無意識に自分に無理をさせてしまっていたのではないでしょうか?

自分の内側や見たくない部分にゆっくりと向き合ってあげて下さいね。

 

まず認識することから始めて、

そして徐々に許し、認め、愛して行けるように、

一歩ずつ一歩ずつ、ありのままの自分で進んでいきましょうね。

 

お疲れ様でした!

 

次回のワークにつづく・・・

【内観ワーク#7】~人間関係編1~「両親の好きな所と嫌いな所」

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る