【内観ワーク#4】「不安と恐怖」克服法まとめ自分の心の声に耳を傾ける

~自分編3~ 不安と恐怖 克服法まとめ

「内観ワーク」第四弾目になります!

前回のワークはこちら。
【内観ワーク#3】~自分編2~ 達成・未達成リスト

 

・・・今回は「不安と恐怖」です。

「不安や恐怖」は、あなたがこれから何らかの行動を起こす際の、心のブロックになります。

自分が今どんなことに「不安や恐怖」を抱いているのか、について深く考えてみましょう。

 

「心の内側」のブロックを掘り下げて行きましょう!

それではさっそく現在の私の「不安や恐怖」を挙げていきます。

↓↓↓

1,引きこもることへの恐怖(友達にバカにされるんじゃないか?世間的にイメージが悪いんじゃないか?)

2,化粧品の使用を経つことへの不安(一時的に肌が酷く荒れてしまうんじゃないか?)

3,好きなことを仕事にしていくことへの恐怖(稼げなくて路頭に迷ってしまうんじゃないか?)

4,身体の歪みが治るまで運動を控えることへの不安(筋肉が落ちてしまうんじゃないか?)

私はざっとこの4つの「不安や恐怖」が思いつきました。

あなたもぜひ、思いつく限りでパパっとノートなどに挙げて書いてみて下さい。

1,引きこもることへの恐怖

引きこもることで、友達に会えなくなり、やがてバカにされるんじゃないかとか、そういった恐怖があります。

でも、それって、所詮他人の評価を気にしてビクビクしてしまっているだけだったんですよね・・・。

引きこもるにしても、自分自身が決めた明確な目的があってのことなら、自分にとっては引きこもることも最良の選択になり得ると思います。

私の場合はその目的が、

汚肌改善
身体の歪み改善

だっただけです。

時間をかけないと解決できないことはわかっていたので、引きこもってでも自分の納得の行くように向き合おうと決意したんです。

それには家族の協力も無ければ無理でした。

でも、他人の力を借りることも全部含めて、「自分自身を100%愛せている自分」へ繋がる道だとわかりました。

「バカにされる」ことへの恐怖は、全てをさらけ出して自分軸に生きることで克服できる・・・?

「大人はバカ!世間体なんてカス!常識なんてクソ!」これで解決です!!笑

2,化粧品の使用を断つことへの不安

肌断食を始めるにあたって、化粧品をすべて断つということへの不安はめちゃくちゃありました。

だって、それまでスキンケアオタクだった私が化粧品を使わなくなったら、一気に荒れることは明確だったからです。

それでも私はこの不安に向き合って、今では完全に化粧品依存から抜け出しました。

化粧品に何万も費やして、何時間も掛けてきた男が、依存状態からきっぱりと関係を断ち切ったんです。

もしもあなたが今汚肌で悩んでいるのなら、決して諦めないで下さい。

肌断食は、ダメージを蓄積した分だけ時間はかかるけど、確かな効果があります。

私は自らの肌で長期間に渡り、実験して参りました。

少しでも気になった方はこちらの記事をどうぞ。

宇津木式肌断食11ヶ月経過。開始時の汚肌との比較画像・・・?

3,好きなことを仕事にしていくことへの恐怖

「好きなことを仕事にしていく」というのは、世間的に見るとあまり良いイメージではないと思います。

私もブログを始める前までは、「好きなことで生きていくなんて、そんな甘い世界は自分には関係のないものだ。」「そんなことしたら騙されて路頭に迷ってしまう。」と考えていました。

現に、多くの人が普通に会社員・サラリーマンとして一生の大半を終えます。

しかし、インターネットが革新的な成長を遂げて迎えるこれからの世界は、

「好きなことを仕事にする」方が、圧倒的に人生が上手くいくようになっていきます。

むしろ、好きなことを仕事に繋げられなければ、やがて今よりももっともっと苦しい人生へ進まなければいけない世界になるんです。

その理由については、こちらの記事をぜひごらんください。

「生きづらい現代社会だからこそ好きなことを仕事にできる??」

早めに気づけた私は非常にラッキーです。笑

今日からあなたもコツコツと、「自分の好きなことを仕事にできる人生」に進みませんか?

4,ケガによって運動を控えなければいけないことへの不安

これまでの私は、「多少痛くても我慢して筋トレしよう。でないとせっかく積み上げてきた筋肉が落ちてしまうからな。」

という感じで、自分の筋肉への半ば依存状態に陥っていました。

筋肉があると見た目は良いことはもちろん、多少痛いところがあっても無理しようと思えばできちゃうんですよね。

だからどんどん身体の歪みは大きくなる。

それでも今ある筋肉を落としたくないから、変わらず運動や筋トレを続けてしまう。

私はこの悪循環を見て見ぬふりし続けていました。

そしたら案の定取り返しのつかない状態になってしまっていたんです。

 

だから、たとえ一時的に運動を控えなければいけなくなるとしても、

無理をせずに、長い目で見て身体の歪みに向き合うことが大切でした。

私は現在も、歪み解消メソッドを継続して行っております。

~まとめ~

「不安と恐怖」を克服するためには、

・まずしっかりと自分の中の恐怖をピックアップしてノートに書いていく

・それを深く掘り下げる

・真正面から向き合う

という必要があります。

自分の中で見て見ぬふりできない問題であればあるほど、この内観ワークは重要なものになってきます。

 

自分の中の不安や恐怖を認めてあげて、許してあげて、

ゆっくりと自分を愛せる未来へと進んでいきましょう!!

 

お疲れ様でした!以上が「不安と恐怖の克服法」でした。

お読み頂いてありがとうございました。

 

次のワークへ続く・・・

【内観ワーク#5】~自分編4~ 「できる理由。」

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る